2017年12月6日水曜日

[ 今年最後のダンス公演!!!]



ダンサーという仕事には、様々な種類がある。
例えばエンタメ舞台におけるバックダンサー。
メイン演奏者と観客を繋げ盛り上げる中間者。
踊りを生き甲斐とし仕える事としている人間にとっては、重要な仕事の一つであることは間違いない。「現場」には必ず学びが存在している。
ダンサーが関わる数々の舞台の一つとして、ダンスそのものがメイン表現となる「ダンス公演」。やはり「ダンサー」としては最も試される晴れの舞台でもあり、最も恐れ多き舞台でもある。

ミュージシャンにとっては「ライブ」。ダンサーにとっての「ライブ」は「ダンスショーケース」すなわち「ダンス公演」となる。
かつて18年前。中学生であった僕は、ストリートダンサーとして90年代後半から00年初頭クラブカルチャーの中で踊り始めた。
当時のクラブイベントでは基本、「DJタイム」•「ライブ」•「ダンスショーケース」(時にグラフィティのライブペイント)とHIPHOP三大要素を大切にしたHIPHOPイベントが主流だった。(特に石川町Bridgeウェッサイカルチャーのスキンヘッドのお兄さんたちに囲まれて踊ったときは、本当に壮快だった。)
当時のストリートダンサーに与えられたクラブイベントにおける主たる使命は「ダンスショーケース」や「バトル」に懸けられていた。

どれだけ「ぶちかませ」たのか。

約20年となるダンスライフを生きる僕にとって一番命とりとなるのは、やはり「ダンスショーケース」すなわち「ダンス公演」となります。

今回、12月23日に東京は木場アースプラスギャラリーにて開演されるダンス公演「Requiem~序章~」に出演します。
作は、高原 伸子。
彼女を初めて見たのは11年前。
ダンスカンパニー「Noism」の「NINA」DVDで踊っていて、驚異的なダイムストップ(POPダンス用語:ロボット的なスムースな止まり方)を炸裂していた女性ダンサー。それが高原伸子さんでした。
POPダンスを死ぬ程努力して追求し5年ほど経ち「ダイムストップ」をやっとのことで体感しえたかな??のスキルレベルであった当時20歳ポッパーの僕としては。。。
「NINA」で炸裂するダイムストップを見る度に「バレーダンサーが数ヶ月でダイムストップを習得」しえる驚愕的事実(なぜなら僕は5年かかったのだ。)を目の当たりにする。ストリートダンサーとはいえ、同じダンサーの道を生きる身である僕は身震いをした。(となりでHIDALI 野口 量も震えていた。)

彼女と初めて踊ったのは2013年デュオ作品「地上の楽園」。
場所は同じく木場アースプラスギャラリー。
POPダンサーから身体表現の世界へと突入した全ての切っ掛けとなったダンス公演「地上の楽園」から4年少し。
まさか路上育ちの自分が、どうであれ、モーツアルトの「Requiem」で踊る舞台に立つ日がくるとは思ってもいなかった。
心からビックリスペクトを捧げるモーツアルトの音で舞うこと。
このシンプルにも壮絶な事実に異常な緊張感を感じつつも、喜びが生まれる。
それは作する高原伸子の異常にまで純粋な姿「自分の才を信じる。」
クリエイションをする其の姿には最早、藝術創造主からの啓示を受けているような域をも感じることがある。僕は、そのような大変貴重な神秘的でさえあるクリエイションに身を置いていることに心から喜びを感じています。

2017年、僕が出演する今年最後の出演舞台 「 Requiem~序章~ 」。
2013年「地上の楽園」から4年。
この4年間をダンサーとして生きて学んだことの集大成を発揮する舞台となります。
是非、皆様お誘い合わせの上お越し下さい。
この序章、ダンスシーンを超え舞台シーンにとっても必ずしや大いなる前進の一歩となること間違い無しと感じております。
全身全霊全力で舞ります。
ぶちかます。

- イベント詳細 - 

REQUIEM ~序章~

開催日時
2017/12/23(sat) 
<1st>15:00 
<2nd>19:00

開催場所
EARTH+GALLERY

入場料金
3000 
★各回限定50名様※★
Requiem~序章~ 昼の部、限定席残りわずかとなりました。夜の部も合わせまして完全予約制となっているため御予約をお早めにしていただけますと幸いです。

予約先
requiemjosho@gmail.com 
お名前、時間帯、枚数を明記上アドレスまでお送りください。

--------------

< 作・演出 >
高原伸子

< 出演 >
OBA
笠井瑞丈
芝崎健太
中川賢(Noism1)
加賀谷香
高原伸子

<スタッフ>
舞台美術 鈴木康朗
舞台照明協力 高田政義
デザイン 金子洋典
協力 平井花苗
アシスタント 芝崎健太

▽ Requiem ~序章~ イベントページ ▽


•••

呼ばれる女と祈るおんな

黙るおとこと揺れているおとこ

生まれ変わりと生まれ直し

さぁ 踊ろう

•••

モーツァルトの名曲「レクイエム」に集い舞う
そのからだは祈りとなる。
私たちの細胞、記憶に宿る幾千もの目には見えぬ死者たち
そして「今」を命懸けで歩む私達一人ひとりの
ひと時の安息となり明日への架け橋となることを願います。
今回は「Requiem」序章となります。
どうぞお立ち会い下さい。
   
高原伸子
•••


いやー、、、単純にめちゃ楽しみっす!!!鼻血

OneStageOneLife
小畑 大左衛門 a.k.a. OBA




0 件のコメント:

コメントを投稿